医療制度

トップ医療制度制度運営の仕組み

後期高齢者医療制度運営のしくみ

 滋賀県内のすべての市と町で構成する滋賀県後期高齢者医療広域連合が運営主体となります。
 後期高齢者医療制度は75歳以上のすべての方が加入します。
 加入者つまり被保険者となる方は、75歳以上のすべての方と、65歳以上75歳未満の方で申請により一定の障がいがあると広域連合が認めた方です。原則として被保険者全員に保険料を納めていただきます。被保険者証を提示すれば1割、2割または3割の自己負担で診療や治療などが受けられます。
 市や町と広域連合の主な役割分担は次のとおりです。
 市や町は、皆様からの申請や届け出の受付、被保険者証の送付、保険料の徴収、各種相談などを行います。
 広域連合は保険料の賦課とその決定、被保険者の皆様が医療を受けたときの給付、保健事業の計画とその推進などを行います。

制度運営の仕組み

このページの先頭へ戻る