医療制度

トップ医療制度給付新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金

給付

12.新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金

 後期高齢者医療制度の被保険者が、新型コロナウイルス感染症の療養のために勤務する会社等を休み、事業主から給料・報酬等が受けられない場合、申請により傷病手当金が支給されます。


■対象となる方
 被用者(会社等に雇用されている方)のうち、新型コロナウイルス感染症に感染した方、または発熱等の症状があり感染が疑われる方

■支給される期間
 労務に服することができなくなった日(会社等を休んだ日)から起算して3日を経過した日から、労務に服することができない期間
 ※ただし、令和2年1月1日から令和2年12月31日の間に休んだ場合に限ります。

■支給額
 直近の継続した3か月間の給与収入の合計額 / 就労日数 × 2/3 × 日数

■支給されない場合
・会社等を休んでも、事業主から休んでいる間の給料・報酬等が支払われる場合は、傷病手当金は支給されません。
・事業主から休んでいる間の給料・報酬等の一部が支払われる場合は、支払われる額と傷病手当金との差額を支給します。

■申請のしかた
 お住いの市町担当課にて申請できます。

《申請様式》
 後期高齢者医療制度傷病手当金支給申請書(被保険者記入用1)PDF形式  後期高齢者医療制度傷病手当金支給申請書(被保険者記入用2)PDF形式  後期高齢者医療制度傷病手当金支給申請書(事業主記入用)PDF形式  後期高齢者医療制度傷病手当金支給申請書(医療機関記入用)PDF形式 ※市町により受付開始時期が異なります。
※申請には、事業主と受診した医療機関の証明(上記申請書)が必要です。
 支給基準やその他の必要書類等、詳しい申請方法は下記問い合わせ先にお問い合わせください。

■問い合わせ先
 滋賀県後期高齢者医療広域連合(電話077-522-3013)
 または、お住いの市町担当課

このページの先頭へ戻る