医療制度

トップ医療制度被保険者証について

被保険者証

後期高齢者医療制度改正により、令和4年度 は被保険者証を2回発行します。
1回目 使える期間:令和4年8月1日から令和4年9月30日
後期高齢者医療被保険者証
  • 令和4年度からの後期高齢者の窓口負担割合の見直しの影響により、令和4年8月1日から9月30日まで使える被保険者証を発行します。         
  • 被保険者証はおひとりに1枚です。7月中に簡易書留でお一人ごとにお送りします。        
  • 9月30日までの被保険者証は「うぐいす色」です。    





2回目 使える期間:令和4年10月1日から令和5年7月31日
後期高齢者医療被保険者証
  • 10月1日から使える被保険者証は、お住まいの市町から9月中に簡易書留郵便でお一人ごとにお送りします。                          
  • 一定以上の所得がある一部の方は、現役並み所得者(窓口負担割合3割)を除き、医療費の窓口の負担割合が10月1日から2割になります。        
  • 10月1日からの被保険者証は「クリーム」色です。  
※住民税非課税世帯の方は1割負担です。
※10月からの負担割合は9月中に届く被保険者証でご確認ください。

75歳の誕生日を迎える方には、誕生日までにお住まいの市町から被保険者証を郵送させていただきます。


被保険者証を紛失したときは、再発行できます。
再発行の手続きについては、市町担当課まで。

職場の健康保険などの被保険者(本人)の方が、後期高齢者医療制度に移行すると、被扶養者であった方もその資格を失いますので、国民健康保険等に加入する手続きが必要となります。
詳しくは、市町担当課にお問い合わせください。

【被保険者証を再発行するときに使用する様式】

※提出先は、お住まいの市町担当課となります。
※市町により独自の様式を使用している場合がありますので、再発行に必要な手続きとあわせて事前に市町担当課にお問い合わせください。

このページの先頭へ戻る