医療制度

トップ窓口負担割合の見直し(2割負担施行)について

窓口負担割合の見直し(2割負担施行)について

令和4年10月1日から、一定の所得がある被保険者の窓口負担が2割負担となります。

※現役並み所得者の方は、10月1日以降も引き続き3割負担です。

制度改正の詳細は下記ページやPDFファイルをご覧ください。

 ※厚生労働省ホームページ「令和3年度制度改正について(後期高齢者の窓口負担割合の変更等)」

 窓口負担割合の見直しに係る周知広報リーフレットPDF形式PDF形式

令和4年度は有効期間の異なる保険証を2回送付します
後期高齢者医療被保険者証
令和4年10月1日施行の窓口負担2割の導入に伴い、令和4年度は有効期限の異なる保険証を2回送付します。
  • 1回目
           有効期限:令和4年9月30日
           保険証の色:うぐいす色(薄緑色)
  • 2回目
           有効期限:令和5年7月31日
           保険証の色:クリーム色(薄黄色)
詳細は下記ポスターをご覧ください。
被保険者証の更新に関するポスターPDF形式PDF形式
自己負担割合が「2割」となる方への負担軽減(配慮措置)について

令和4年10月1日からの3年間、自己負担割合が「2割」となる方の、急激な自己負担額の増加をおさえるため、外来医療の負担増加額の上限が1か月あたり最大3,000円までとなります。上限額を超えて支払った金額は高額療養費として、あらかじめ登録されている金融機関口座に後日支給します(払い戻しします)。

(例)1か月の外来の医療費全体額が50,000円(1割負担5,000円)の場合

配慮措置適用で高額療養費が発生した場合、事前にご登録のある口座に振り込ませていただきます。
※2割負担となる方で高額療養費の口座が登録されていない方には、令和4年9月下旬に滋賀県後期高齢者医療広域連合から申請書を郵送します。

問合せ先

【今回の制度見直しの背景等に関するご質問等】

●厚生労働省コールセンター
電話番号:0120-002-719
受付日時:9時から18時※日曜日、祝日、年末年始を除く

【医療費の自己負担割合の見直しや負担軽減(配慮措置)に関するご質問】

●滋賀県後期高齢者医療広域連合コールセンター
電話番号:0570-043-110 ※通話料金がかかります
受付日時:9時から17時※土曜日、日曜日、祝日
開設期間:令和4年12月28日まで

このページの先頭へ戻る