医療制度

トップ医療制度保険料平成29年度保険料試算

保険料

後期高齢者医療制度の保険料の試算

[平成29年度版]の保険料の試算ができます
保険料額 = 被保険者均等割額 + 所得割額

※保険料額の賦課限度額は、平成29年度は57万円(年額)です。

平成29年度の滋賀県の被保険者均等割額、所得割額は以下のとおりです。

被保険者均等割額 45,242円 (年額)
所得割額 基礎控除後の総所得金額等 × 8.94% (所得割率)(年額)
平成29年度後期高齢者医療制度保険料試算

(※動作環境:InternetExplorer 11.0以上、Safari 7.0以上、Firefox 26以上、Crome31以上)

(注意点)
・この保険料試算は、一般的な概算であり、個人の具体的な保険料額とは異なる場合があります。
・被保険者均等割額の軽減判定では、専従者控除、譲渡所得に係る特別控除等の税法上の規定は適用されないため、これらの控除がある場合、このシステムでは試算に反映できません。

▼世帯内の後期高齢者医療の被保険者と、世帯主を合計した人数をお選びください。
後期高齢者医療の被保険者について 詳しくはこちら

1人 2人 3人 4人 5人

▼世帯人数例

世帯主が75歳以上で、単身者の場合
1人 を選んでください。
世帯主が75歳以上の夫で、妻も75歳以上の場合
2人 を選んでください。
世帯主が75歳以上の夫で、妻が75歳未満(注)の場合
1人 を選んでください。
(注)75歳未満でも障がい認定で被保険者である場合は 2人 のボタンを選んでください。
世帯主が75歳未満の子で、父母が75歳以上の場合(世帯主の妻は75歳未満)
3人 を選んでください。
(注)ボタンを押すと入力画面に変わりますが、入力画面では世帯主の妻を入力する必要はありません。
世帯主が75歳未満の子で、父母および祖父が75歳以上の場合(主体主の妻は75歳未満)
4人 を選んでください。
(注)ボタンを押すと入力画面に変わりますが、入力画面では世帯主の妻を入力する必要はありません。
世帯主が75歳未満の子で、父母および祖父母が75歳以上の場合(世帯主の妻は75歳未満)
5人 を選んでください。
(注)ボタンを押すと入力画面に変わりますが、入力画面では世帯主の妻を入力する必要はありません。

このページの先頭へ戻る