医療制度

トップ医療制度保険料第5期(平成28・29年度)の保険料

保険料

第5期(平成28・29年度)の保険料

平成28・29年度の滋賀県後期高齢者医療広域連合の保険料
1.保険料率の算定の仕組み

保険料率は、平成28・29年度の2ヶ年度において、費用として見込まれる療養給付費のほか、保健事業や葬祭費等の額から、これに対し交付が見込まれる国・県・市町負担金、後期高齢者支援金(他の医療保険からの支援)などを差し引いた額を2ヶ年度の保険料収納必要額とし、この金額から賦課総額を求めて算定します。
具体的な流れは、次のとおりです。

2.滋賀県の保険料率

被保険者均等割額…45,242円
所得割率…8.94%

※年間保険料の上限額は57万円です。

《参考》

【1人当たり平均保険料】
66,218円/年(月額約5,518円)

3.保険料率引き上げの理由

 保険料率引き上げの理由は次のとおりです。
 
 (1) 被保険者1人あたりの医療費が増えていること
 (2) 人口全体に対する高齢者の割合が増えてること

このページの先頭へ戻る