広域連合

トップ広域連合財務情報・決算概要平成18年度財政状況の公表

財務情報・決算概要

平成18年度財政状況の公表

平成19年2月1日にスタートした「滋賀県後期高齢者医療広域連合」の予算について、平成19年3月31日までの執行状況を滋賀県後期高齢者医療広域連合財政事情の公表に関する条例に基づき、公表します。
「滋賀県後期高齢者医療広域連合」における平成18年度予算は、広域連合の初度設備費、事務所改修費および事務局職員の派遣に係る人件費等を経費として見込み、構成市町である県内26市町負担金を歳入としています。

※1.出納整理期間の平成19年5月31日までは現金の受払いがあるため、平成18年度決算額は今回の数値と異なります。
※2.表示単位未満の数値は千円単位で四捨五入しています。

一般会計予算の執行状況
歳入

予算現額…31,000千円
収入済額…31,000千円
収入率…100.0%

歳出

予算現額…31,000千円
支出済額…971千円
支出率…3.1%

広域連合の財産
区分 現在高
公有財産 なし
物品(重要物品) 119万円(公用車)
債権 なし
基金 なし

重要物品とは、形状等を変えることなく、比較的長期間使用ができるもので、購入評価価格が100万円以上の備品です。

地方債の額

地方債とは、特定の財源に充てる目的で資金を借り入れることで、長期にわたる債務です。
年度末現在高…0円

一時借入金

一時借入金とは、年度途中で一時的に資金が不足する場合に借り入れる借入金です。
予算限度額…3,000千円
年度末現在高…0円
(借入実績なし)

このページの先頭へ戻る