広域連合

広域連合制度とは

広域連合制度の解説<4>

広域連合の規約等に関する事項
規約の記載事項 広域連合は、その設立にあたり、構成団体の協議により規約を定めることとされています。【法284B】
広域連合の規約の必要的記載事項は次のとおりです。【地方自治法291の4@】
広域連合の名称
広域連合を組織する地方公共団体
広域連合の区域
広域連合の処理する事務
広域連合の作成する広域計画の項目
広域連合の事務所の位置
広域連合の議会の組織および議員の選挙の方法
広域連合の長、選挙管理委員会その他執行機関の組織および選任の方法
広域連合の経費の支弁の方法
広域連合の区域 規約に定める「広域連合の区域」には、当該広域連合を組織する地方公共団体の区域を合わせた区域を定めるものです。
ただし、都道府県の加入する広域連合については、広域連合の処理する事務が都道府県の区域の一部に係る場合等は、その区域を特に「広域連合の区域」として定め、広域連合に加入しない市町村の区域を除くことができるものとされています。【地方自治法291の4A】
広域連合の処理する事務および広域計画の項目 広域連合の規約に定める「広域連合の処理する事務」および「広域計画の項目」については、できる限り明確かつ具体的なものとします。
議会の議員および議員の選挙の方法 議会の議員の定数、任期、被選挙資格、議長、副議長に関すること等はいっさい規約に委ねられています。
議会の議員の選挙方法については、広域連合の選挙人による直接投票または広域連合を組織する地方公共団体の議会における選挙に限られています。【地方自治法291の5@】
選挙の具体的方法については、規約で定める、すなわち、議員の定数、被選挙資格、任期、選挙の方法、広域連合を組織する地方公共団体の議会において選挙する場合の当該議会において選挙すべき議員数、投票の方法等について、規約で定めます。
広域連合の長、選挙管理委員会その他執行機関の組織および選任の方法 広域連合の長、選挙管理委員会は、広域連合においては、必置とされています。
広域連合の長の選任方法は、広域連合の選挙人による直接投票または構成団体の長による間接選挙に限られています。【地方自治法291の5A】
選挙の具体的方法については、規約で定める、すなわち、被選挙資格、任期、選挙の方法、投票の方法等について、規定で定めます。
広域連合は、普通地方公共団体と同様の直接請求を認めることとされていることから、選挙管理委員会を置くこととされているものです。
また、監査委員についても、一部事務組合と同様に必置と解されます。
選挙管理委員会および監査委員に係る、組織、権限、選任方法等は、規約で定められます。
その他 広域連合の議会の議員または長その他の職員は、当該広域連合を組織する地方公共団体の議会の議員または長その他の職員と兼ねることができます。【地方自治法291の4C】

前ページへ

広域連合制度の解説 目次へ戻る

次ページへ

このページの先頭へ戻る