広域連合からのお知らせ

改元に伴う被保険者証等の取扱いについて

 2019年5月1日から元号が「平成」から「令和(れいわ)」となりましたが、被保険者証、限度額適用認定証、限度額適用・標準負担額減額認定証の有効期限欄につきましては、次のように取扱います。
 ご理解とご協力をよろしくお願いします。

5月1日以前に発行した被保険者証等

 5月1日の改元日以降は有効期限欄にある「平成31年」を「令和元年」に読み替えます。有効期限までそのままご使用ください。
(そのままで医療機関等でご使用いただけます)

 なお、改めて改元による被保険者証等の再発行・発送は致しません。

5月1日後に発行する被保険者証等

 発行する被保険者証等の元号は「令和」の表記となります。

改元に便乗した特殊詐欺にご注意ください

 市や町から「改元に伴い旧元号の被保険者証を交換するので返還してください」などの連絡をすることはありません。また、直接回収に訪問することもありません。
不審な電話等には注意してください。

このページの先頭へ戻る